アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

無線機器

TDKラムダ RSEL-2006W コモンモードフィルターとして採用

秋月電子通商にて660円で購入できるノイズフィルターです。AC/DCどちらでも使用でき、最大電流は6Aです。 製品カタログに記載されている特性は次のとおりです。 コモンモードに対する特性はローバンド寄りとなっています。20MHzで-30dBですので、補助的に使…

200Wリニアアンプの悩み

2018年に書いた以下の記事へのアクセス数が増えています。200W対応について悩まれていらっしゃる方が多いのだと推測しております。 現在、アマチュア無線をアクティブに運用されていらっしゃる方は上級ライセンスをお持ちの方の割合が多いと認識しています。…

リニアアンプ難民 高騰するオークションサイトのIC-PW1

タイトルのとおりです。某オークションサイトでは争奪戦となっており、中古でも、かつての新品の実売価格、新品の場合は更に高い値段で落札されています。個人的にはこの価格はやむを得ないと考えています。つまり、この価格であっても必要であれば手に入れ…

安定化電源はスイッチング電源 アルインコ DM-330MVに戻しました

こんなこと言っていましたが。。。 結局、アルインコ DM-330MVに戻しました。何度も同じようなことを繰り返したくないので理由を列挙しておきます。 どんなに対策してもGVS3000の風切り音やファンの音は気になる。ワッチしながらの音楽鑑賞の妨げとなる。 送…

パナソニック PCLノイズフィルター BL-PST15 / オーディオテクニカ AT-NF1 アマチュア無線用として使えるか評価

これも過去にピュアオーディオ用として使用しましたが、副作用を感じたので長い眠りについていたものです。 パナソニック BL-PST15はネットに情報がありました。特殊ネジで組み立てられていますので分解するともとに戻せそうもありません。個人の方のブログ…

コトヴェール ノイズフィルター SFU-005-3P 発掘

10数年以上前、ピュアオーディオ界で一瞬だけ流行ったコトヴェール ノイズフィルター SFU-005-3P。デジタル機器に使うと音の純度が上がるということでしたが、私の環境では音の質感が変わってしまい、音楽の持つ息吹が失われたような感じとなってしまいまし…

TDKラムダ ノイズフィルター RSAN-2020 ケース組み込みで完成

無線機のACラインのコモンモードノイズ対策として、FT-240-43にACコードをキャンセル巻にしたものを使っていました。裸の状態で使っていますので、保安上不安があります。プラスチックケースに入れようと考えておりましたが、ACラインについては、市販品を使…

TDKラムダ ノイズフィルター RSAN-2020調達

現在、無線機のACラインのコモンモードノイズ対策として、FT-240-43にACコードをキャンセル巻にしたものを使っています。裸の状態で使っていますので、保安上不安があります。プラスチックケースに入れようと考えておりましたが、ACラインについては、市販品…

トランス式安定化電源 第一電波工業 GSV3000 再採用 / うるさい原因は排気口の風切り音

【2022.9.26 追記】冷却ファンはOwltech SF8-S2(1,300rpm)に戻しました。静粛性を重要視しました。これは静かです。無音にはできませんが、耳障りな周波数帯の音が少ないです。 小型で空冷ファンが常時回転でないため静かなアルインコ製のスイッチング電源 D…

RTTYソフト MMTTY動作確認

近日、RTTYでのスケジュールQSOを予定しております。最近、全く使用していないMMTTYで正常に交信できるか確認するため、40mにてCQを出してみました。 MMTTYは正常に稼働することが確認できましたが、応答が全くありません。正常に受信できるかわかりませんが…

TS-480HX Output 300W

TS-480HXのメンテナンスマニュアルを読むと出力の調整方法がありますのでやろうと思えばできるのでしょうけど、実際に試された方の動画を見つけました。この小さい筐体での連続稼働は厳しいことが想定されます。ネットを徘徊していると350Wまではいけるよう…

安価な200W機 TS-480HXを使い倒す

6年前の再開局時にTS-480HXを購入しました。理由は200W機としては安価だったからでした。本当はFT-2000Dが欲しかったのですが、検討しているうちに、最終出荷後に市場に出たものが枯渇してしまいました。 この、TS-480HX。実戦で使うには、フルオプションと…

サガミエンジニアリング RF Lowpass Filter HY3K-SP6 内部構造

サガミエンジニアリングのHY3K-SP6。 HF~50MHz用のLPFになります。 特性および損失抵抗の面から大変評価の高い製品です。しかしながら、代表者逝去に伴い廃業となりましたので、新品では既に購入は困難です。 サガミエンジニアリングの高性能周辺機器 過日…

超ド級 アンテナチューナー Palstar HF-AUTO 1,800W 手放しました

1年半前に160m用として導入したオートアンテナチューナー Palster HF-AUTOを手放しました。とても気に入って使っていたのですが、アンテナのシャントコイルのタップ位置をリレーで切り替えることにより、チューナー無しでも160mで運用できるようにしましたの…

アルインコ スイッチング電源 DM-330MV 80m/160mバンドでのノイズ

9月下旬にダイヤモンドのトランス電源 GSV3000が故障したため、急遽、アルインコのスイッチング電源 DM-330MVを調達して急場をしのぎました。 その後、トランス電源GSV3000の故障個所はブリッジダイオードであることが判明し、これを交換し、トランス電源 GS…

安定化電源 GSV3000 故障 アルインコDM-330MV 緊急調達

まだ1年半程しか使用していない安定化電源GSV3000から「ヒューン」という音が聞こえた次の瞬間、出力が出なくなりました。ヒューズが切れていましたので交換しましたが、すぐにヒューズが切れてしまいます。 TS-480HX(実質180W)でFT8で運用したためでしょう…

TS-480HX 安価な200W機でした

私の使用しているTS-480HXは既に生産終了となってしまいました。200W機としては安価ですが、バンドスコープがないことや、CWフィルターやTCXO(温度補償型水晶発振ユニット)をオプションで購入する必要があり、今となってはあまり魅力はないです。IC-7300+2…

WSJT-X v2.2.0 英語表示にする

WSJT-X v2.2.0はそのまま起動すると日本語表示になります。慣れれば良いのかもしれませんが、直感的に操作しているため操作ミスを起こしてしまいそうです。開発いただいた方には申し訳ないのですが英語表示に戻しました。ショートカットのリンク先のコマンド…

TS-480HXでのバンドスコープとCW Skimmerの実現

TS-480HXは200Wであるという理由だけで再開局当時(約4年半前)に購入しました。購入して最初に直面した問題はJT65での周波数ドリフトとCWでフィルターが必要という問題でしたが、いずれもオプションのTCXO(温度補償型水晶発振ユニット)やCWフィルターの導入で…

160m/80mバンドの拡張とTS-480の対応

いよいよ160mバンドと80mバンドの拡張が秒読みとなりました。今使っているTS-480HXが拡張されるバンドに対応しているか気になりました。取扱説明書にはJAバンドの記載しかありません。 めったに使わないダミーロードを持ち出して確認しました。 1.800MHz)バ…

TS-480HXの本体と操作ユニット間のケーブルを短いものに交換

TS-480HXは本体と操作ユニットが分離されており、その間はケーブルで接続されています。このケーブルは車載することを想定しているため4mもあります。 固定局で使用するには長すぎるので束ねて使用していましたが、束ねた部分がかさばって邪魔なので短いもの…

新アンテナチューナー Palstar HF-AUTO 修理(RF Couplerの交換)

RF Couplerのトロイダルコアのトランスが原因不明の破損(焼損)を起こし、自分で新規にトランスを作成し修理したPalstar HF-AUTOのRF Couplerを交換しました。 自分で巻いたトランスでも全く問題なく使用できておりますが、Palstar社より交換用のRF Coupler…

新アンテナチューナー Palstar HF-AUTO 修理(続き Palstar社からの回答)

自分で修理したPalstar HF-AUTOの続きになります。その後、Palstar社のPaul Hrivnak N8PH(President & CEO Chief Engineer)からメールで回答がありました。この会社は彼と彼の奥様で経営されているようです。回答は以下のとおりでした。 160mのアンテナのSWR…

新アンテナチューナー Palstar HF-AUTO 修理

9月27日午前4時より160m FT8でコールしていると、2週間前から使用しているアンテナチューナーPalstar HF-AUTOから鈍い破裂音がしました。いやな音です。その後、SWRが4以上に跳ね上がりました。 状況を確認すると、次のとおりでした。 20Wでオートチューンを…

新アンテナチューナー Palstar HF-AUTO 実戦に投入

なんと本日到着しました。DC電源コードはUSから取り寄せとなるため、本体のみの到着です。早速、ケースを開けてみます。巨大なバリLと差動バリコンをステッピングモーターで動かします。 DC電源コードがないのでこのままでは動かせません。ケースを開けた状…

アンテナチューナー探しの旅 Palstar HF-Auto アメリカンドリーム

現在、アンテナチューナーはコメットのCAT-300を使っています。 アンテナのエレメントを160mで使用できる長さに延ばすと上は15mまでとなるため、12m以上に出るためと、80m, 160mはSWRが日によって落ち切らず最大で2.5~3程度となる場合があるためです。 コメ…

安定化電源 GSV3000 メーターLED照明追加

先日購入したトランス式安定化電源GSV3000は空冷ファンを交換してから静かになりました。スイッチング電源で発生していた160mバンドでのノイズもなくなり大変満足しています。次は電圧計と電流計の照明がないのが気になります。わずかな手間で実現できますの…

トランス式電源 GSV3000 いきなり空冷ファンを交換

先日購入したGSV3000ですが、常時回っている空冷ファンの音が大きいです。購入してから1日しか経っていませんが、ファンを交換してしまいました。 今回は以下のファンを使用しました。これにこだわる必要性は特に無いと考えています。このシリーズのファンは…

トランス式電源 GSV3000を購入

TS-480HXの電源としてアルインコのスイッチング電源DM-330MV(32A)を2台使用していました。概ね問題はないのですが、160mバンドでスイッチングノイズが入ります。電源のオフセットダイヤルで調整すると影響ない範囲までノイズを下げることができるのですが、…

ローバンドはパワーが必要 TS-480HXは200Wです

IC-7300が選択肢としてある以上、TS-480HXを選択する理由は200W機であること以上の理由は全くありません。もし、100Wで十分な場合やKWのリニアアンプを接続する場合はこの機器を選択する理由はないと考えています。 TS-480HXを実践で使用できるようにするた…