アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

無線とピュアオーディオの試行錯誤の記録です。製品の評価は時間と共に変わることもあり、その場合は記事の内容を修正しております。

オーディオ

アキュフェーズ C-3850 / P-4500 導入6か月 オーディオはこれで完成(ということにしておきます)

2021年6月にアキュフェーズのプリメイン E-650をセパレートとなるC-3850 / P-4500に置き換えました。私としては思い切りました。 C-3850は「画期的な進化を遂げたC-3900への買い替え需要」により下取りに出された良品を定価の6割程度の価格で某オーディオ専…

1970年代のスピーカー SONY SS-7110 この設計は!?

1970年代のスピーカー SONY SS-7110。 知人が最近手に入れました。70年代~80年代のロックをアナログ(レコード)で聴くと中坊(中学生)の頃にタイムスリップでき大変良いとのことです。この気持ち、とても良く分かります。アンプも当時のものを整備して使っ…

アコリバ USBケーブル R-AU1-PL 売却しました

現在使用しているUSB-1.0PL-TripleCとの音質差(主に静粛性、奥行き感、拡がり感)は大きく、R-AU1-PLは某オークションサイトで売却しました。R-AU1-PLは同価格帯のなかでは逸品であり、これだけ聴いていれば満足できるのですが、購入できるのであれば最初か…

RME ADI-2 DAC fsのDC電源ケーブルをSAEC AC-3000で作成

RME ADI-2 DAC fsとリニア電源(12V)間のDCケーブルをSAECのAC-3000から取り出した導体で作成しました。ご存知のとおりこのケーブルはPC-Triple C導体を使用しています。 写真上側の赤白ケーブルがAC-3000の導体を使用したDCケーブルで、下側の黒のケーブルが…

dBpoweramp R17.4にリリースアップしました / プチプチ音、バリバリ音の発生について

dBpowerampを使用してCDをリッピングしています。R17.3からR17.4にリリースアップしました。今回は軽微なバグ・フィックスとなりますが、継続してサポートを得るためには、最新版を使用するのが好ましいいです。 絶大な信頼をおいているdBpowerampですが、私…

Acoustic Revive USB-1.0SP-TripleC またもや調達 これ、本当に良いです。

一度手放しましたが、結局再度調達しました。 Acoustic Revive USB-1.0SP-TripleC) 全く懲りないですね。現在、手元に2本ともあります。比較試聴してみます。 USB-1.0SP-TripleC R-AU1-SP 両方ともケーブル導体と構造はまったく同じです。違いは次のとおりで…

RME ADI-2 DACの唯一の弱点はアコリバのUSBケーブルで解決

私のシステムの中で最も安価なコンポーネントではありますが、音決めの上で重大な役割を担っているRME ADI-2 DAC fs。 唯一の弱点は「低音の沈み込みが私の期待値となっていない」ということです。これはトランス式電源(リニア電源)で良くなるのですが、ア…

Mark Levinson No534 アメリカンサウンド

我々の年代の憧れ。Mark Levinson。商品構成が整理され、超高額商品はなくなったような気がしますが、依然高値であることには変わりません。 まずはパワーをこれに変えてということをしてしまうと、すぐにプリも合わせたくなってしまうのでしょうね。しばら…

Accuphase DAC DC-37をわずか4ヶ月で手放した理由

【2021.8.9 追記】DC-37をお使いの方から「カモメの鳴き声は聴こえる」とのコメントをいただきました。当方は判断を誤ったのかもしれません。最近、機器やケーブルの評価を短期的に実施してしまう傾向にあります。本当に良いものを見逃す可能性やお金が続き…

Accuphase C-3850 プリアンプの重要性

C-3850+P-4500、インターコネクトケーブルは純正のXLRケーブル ASLC-10Bで聴いています。 購入当初、以下の記事にまとめています。 購入したばかりで多少舞い上がっていますが、1ヶ月半経過した今であっても、その感想は変わりません。 Belden88760(88770)で…

Acoustic Revive USBケーブル R-AU1-PL 再度召喚

【2021.7.25 追記】20時間エージングしました。音質傾向に変化はなく、よりスムーズな音の出方になりました。これはいいです。結論に変更はありません。上位モデルUSB-1.0SP-TripleCを購入できる方は最初から上位モデルを購入された方が目移りがなく無駄な買…

RME ADI-2 DAC fs サウンドハウスでの購入とポイントの使い道

3度目のRME ADI-2 DACをサウンドハウスから購入しました。理由は正規代理店であることと、最安値であったことからです。カード払いもできます。 12,700円分のポイントも大きいです。いくつかのお店を確認しましたが、これは好条件すぎます。 このポイント、…

fidata HFAS1-S20 オーディオ用NAS まもなく1年

清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したオーディオ用のNAS fidata HFAS1-S20。購入したのが2020年9月初めですので、間もなく1年となります。この機種は40台限定販売で私が購入を決断した時は既に完売状態でしたが、流通在庫を見つけて購入しました。中身…

電源タップのデジタル/アナログ分離と電源プラグのメンテナンス

今までアメリカン電機の4個口のOAタップに、アナログ機器(プリアンプ、パワーアンプ)、デジタル機器(NAS、DAC)を繋いでいました。オーディオのセオリーとしてアナログ機器とデジタル機器の電源は分けるべきということがありますので、2個口のアメリカン電…

代理入札業者に落札いただいたアキュフェーズ D/Aコンバーター DC-37

アキュフェーズのD/Aコンバーター(DAC)であるDC-37。新品で購入し大変気に入っておりましたが、私の手元に置いておくべきDACはRME ADI-2 DAC fsと判断し、わずか4ヶ月で手放しました。 ヤフオクに出品し、今回も代理入札業者(前回とは別の業者)に落札いただ…

アキュフェーズ バランス接続ケーブル ASLC-10B 再度調達 その2 早速聴いてみました

【2021.7.17 追記】もう1セット XLRケーブル ASLC-10Bを調達した結果を追記しました。 これはまいったなぁ。またお金がかかるじゃないですか。 エージングを進めるもなく結論がでました。 現時点でアキュフェーズのXLRケーブル ASLC-10Bは1セットしかありま…

アキュフェーズ バランス接続ケーブル ASLC-10B 再度調達

Belden88770 XLRケーブルをRME ADI-2 DAC fs ~ C-3850(プリ)とC-3850(プリ) ~ P-4500(パワー)の両方に使って1ヶ月ほど運用しましたが、音が硬いです。 ということで、C-3850(プリ) ~ P-4500(パワー)間をアキュフェーズ純正のXLRケーブルASLC-10…

RME ADI-2 DAC fs トランス式電源の再調達

RME ADI-2 DAC fsの電源をトランス式電源(リニア電源)に変更すると、低音域を中心とした解像度や全体のサウンドのクオリティが上がります。 以前はエルサウンドの電源を使用していましたが、数か月前にRME ADI-2 DAC fsを手放した時にこの電源も手放してし…

RME ADI-2 DAC fs 3度目の降臨

ちょっと大げさなタイトルですね。 物凄く悩みましたが、accuphase DC-37の使用をやめて、RME ADI-2 DAC fsを使うことにしました。悩んだり理由は、accuphase DC-37の方が良い状況が多いからです。あたりまえですね。 RME ADI-2 DACは今まで2回所有して、売…

RME ADI-2 DAC fs ファームウェアバージョンアップ 入力ジッターに関する改善

RME ADI-2 DACのファームウェアの更新はされていらっしゃいますか。大抵はショボいものや通常使わない機能に関するものですが、V.35で音質に影響する入力ジッターに関する改善が行われています。 リリースノートより抜粋) ここだけ見るとイマイチなにが良い…

RME ADI-2 DAC fs DACチップの変更と駆け込み調達

一度手放したRME ADI-2 DAC fs 思うところがあり、再度調達です。 このブログでも多くの記事を書いているRME ADI-2 fsのDACチップが旭化成のAK4493からESSの9028Q2Mに変更となります。旭化成のチップを製造している工場の火災の影響が長引いているようです。…

audioquest USB2.0 Carbonを試す / 沼の入り口から引き返す

【2021.7.10更新】本日調達したRME ADI-2 DAC fsにはaudioquest USB2.0 Carbonの方が良く合います。色付けの少ないRMEにはちょうどいい塩梅の味付けになります。本当にケーブル選びは難しいです。 【まとめ】過去に陥ったケーブル地獄(電線病とかケーブル沼…

ゲオの宅配CDレンタルの品ぞろえと検索性は素晴らしい

音源の多くはCDレンタルによるものです。この先に行きつくのはサブスクになるんではないかと考えています。ツタヤとゲオを使うと大抵の音源は入手することができます。廃番となったCDが見つかることもあります。 最近はゲオを使うことが多いです。その理由は…

dBpowerampによるCD音源のDSD化

以前にも同じようなことを行っていますが、システムを大幅に更改しましたので試してみました。今回は44.1khz/16bit(WAV) CD相当からDSD64(2.8Mhz) SACD相当へ変換しました。使用したツールはdBpoweramp R17.3です。 使用したソースは、先日「高域がうるさい…

Accuphase プリアンプ C-3850 にはトーンコントロールがありません

何を言っているんだ。おまえ。とか言われそうですが、今日、このプリアンプにはトーンコントロールが無いことに気づきました。ピュアオーディオたるもの、トーンコントロールを使うとは何事だ!という意見には賛同であり、私も基本的にトーンコントロールは…

代理入札業者に落札いただいたアキュフェーズ E-650

メーカー保証が1年半程残っていたアキュフェーズ E-650はヤフオクにて売却できました。その際、オークション代理入札業者に落札いただきました。 良かった点) 相場よりもかなり高くご購入いただきました。ヤフオクに支払う落札手数料を差し引いても、3年半…

At Music Inn With Sonny Rollins これはMJQのアルバム 夏向きですね

暑くなってくると爽やかなビブラフォンによる演奏を聴きたくなります。少し前に日本のビブラフォン奏者が某番組に出演されていらっしゃいましたが、マイナーな楽器のため生業としていくにはなかなか厳しいようです。 ということでMJQのアルバムを手に取りま…

Accuphase プリメインアンプ E-650 旅立ちました

約3年半使用したプリメインアンプ E-650は新オーナーのもとで活躍すべく旅立ちました。 今回は某オークションサイトで売却しました。毎回感じることはアキュフェーズ製品のリセールバリューの高さです。これは買い替えを容易にしています。 アキュフェーズ製…

アキュフェーズ C-3850、P-4500、そしてケーブルについて

それぞれエージング期間中ではありますが、導入から1週間程経過して、音質も安定してきました。プリアンプ C-3850については、いろいろ書きましたが、おおむねネットで検索すると見つかる皆様の評価に近いものがあります。それくらい影響力があり、わかりや…

機器の重ね置きの影響と短いUSBケーブル 完結編

【2021.6.24 追記】結局これに戻ります。音の純度が違います。 Acoustic Revive USB-1.0PL TripleC 【2021.6.23 追記】このケーブル。エージングが必要です。20時間以上エージングするとフラットかつ芯のある音になります。上位バージョンのUA1と同じ導体(…