アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

無線とピュアオーディオの試行錯誤の記録です。製品の評価は時間と共に変わることもあり、その場合は記事の内容を修正しております。

オーディオ

ONKYOが破綻 ノスタルジックな話ではありません

同社が破綻した理由として「オーディオブームが去ったから」「若者はフルサイズのオーディオで音楽を聴かないから」とかいろいろな理由があふれています。破綻した理由は、そのメーカーの音を造り続ける「サウンドマスター」がいなかったから。ということに…

シャープ 空気清浄機 FU-E51/FU-F51 HEPAフィルター交換 10年持ちません

シャープのプラズマクラスター7000搭載の空気清浄機を4台使用しています。 プラズマクラスターの静電気防止作用と空気清浄機の機能により、機器や家具に付着する「ホコリ」が目に見えて少なくなります。 人や機器にやさしいということと、とにかく掃除が楽に…

AudioQuest USB2 Carbon あれ!? 再召喚

先日、再召喚しました。一体、何度買い替えれば気が済むんだい。 AudioQuest USB 2 Carbon )長さは0.75mです。 今まで、いくどもなく、 何度もたびたび、 Acoustic Revive USB-1.0PL-TripleCが良い。 とブログに書いてきました。Acoustic Review USB-1.0PL-…

Amazon Music Unlimitedを試しました

少し前に、fidataでサポートされたSpotifyを試しました。 今回はハイレゾ音源まで聴き放題となるAmazon Music Unlimitedを試しました。1か月間は無料お試し期間になります。 fidataではAmazon Musicはサポートされないので、専用のオーディオ機器(ミュージ…

RME ADI-2 DAC fs ファームウェア更新 トーンコントロール機能拡張

このDAC、ファームウェアの更新により機能拡張や不具合修正があるので安心して使用することができます。 トーンコントロールの範囲が今までは+/-6dBまでと変化量が少なかったのですが、今回のファームウェアの更新では+/-12dBまで拡張されました。 私の使用…

エルサウンドの電源販売再開と電源関連へのアクセスの増加

最近、当ブログの電源に関する過去の記事へのアクセスが増えています。長らくPSE対応をするために販売を停止していたエルサウンドの電源がPSE取得後に販売を再開したのですが、その再開したエルサウンドの電源が以下のとおりとなったこと無関係ではないと思…

Belden 88760 XLR極性反転ケーブルの影響 - 修正:あまり気にしなくても良いです

その後、何度か確認しましたが、ブラインドテストされたら当てる自信はありません。「プラセボ」「端子を抜き差しすることによりクリーニングされた」「体調や気分の問題」といったところでしょう。 なお、ケーブルによる音質差は明確にあります。しかしなが…

Belden 88760 XLR極性反転ケーブルの影響

【2022.4.10 更新】その後、何度か検証しました。差はありますが、優劣はありません。ブラインドテストされたら当てる自信はありません。 DAC(RME ADI-2 DAC fs)のXLR端子は2番ホット、プリアンプ(Accuphase C-3850)のXLR端子は3番ホットです。もちろん業界…

fidataでSpotifyを試す

fidataやSoundgenicでサブスクのSpotifyをサポートするようになりました。 タブレットにSpotifyのアプリを導入し、無料アカウントを取得しました。Spotifyアプリを立ち上げ、出力先にRME ADI-2 DACを選ぶと音がでるようになります。 タブレットのSpotifyアプ…

Accuphase DAC DC-37をわずか4ヶ月で手放した「もう一つの理由」

本来聴こえるべき音が聴こえないとか(本当は聴こえていたはず)理由を書きましたが、結局は「サウンドイメージが好みでなかった」ということです。 実はもう一つ理由がありました。 音の出だしが「僅かですが再生されない」ことが許容できなかったからです…

SACDリッピング DSDネイティブ音源

SACDはご存じのとおりDSDフォーマットで記録されています。これをリッピングするとDSDネイティブの音源となり、とても魅力的なのですが、コピーガードのかかっている音源のコピー(リッピング)は著作権法により禁止されています。SACDはコピーガードがかか…

The Atlantic Studio Album Collection / John Coltrane @e-onkyo music ハイレゾ音源

現在のシステムはCDリッピング音源であっても十分に良いサウンドを奏でていますので、ハイレゾ音源を積極的に購入することはないのですが、これはお買い得です。 8アルバムが192kHz/24bit盤で7,857円ですのでこれはお買い得です。8アルバム中5アルバムはCDリ…

Acoustic Revive USB-1.0PL-TripleC がキーアイテム

fidata(NAS)とRME ADI-2 DAC間はUSBケーブルで接続しますが、このUSBケーブルがとても重要です。この部分がサウンドに与える影響は物凄く大きいです。全ての組み合わせを試せるわけではないので、これが最良であるかどうかは正直わかりませんが、私はAcousti…

音楽用NASのバックアップ

既にご存じのとおり、当方はCDプレーヤーは保有せず、CDはdbpowerampでリッピングして音楽用NAS(fidata)に保管して聴いています。その音楽用NASのバックアップをどうするか検討しておりました。バックアップを取得するためにNASを購入し、音楽用のNASと同期…

dBpoweramp R17.6にリリースアップしました

CDは全てdBpowerampでリッピングしてNAS(fidata)に保管し、USB DAC(RME ADI-2 DAC fs)で再生しています。音質、利便性、バックアップ運用の観点から当方の運用スタイルに合っています。既に当方はCDプレーヤーを持っておりません。 fidataはNASとしては大変…

アキュフェーズ パワーアンプ P-7500登場

昨年12月下旬にP-7300を導入した時に、間もなく新型のP-7500が登場する予定という情報は持っておりました。 私の想定よりも早く新型のP-7500が登場しました。見た目でP-7300と区別することは両機を並べて詳細に比較しない限り、オーディオマニア以外は不可能…

知人がオークションサイトで購入した マークレビンソン No.530Hシリーズの電源電圧変更

注意1)あたりまえのことですが、当記事を参考にして電圧変更をされるのは全て自己責任です。やり方を間違えるとトランスやアンプ部分の損傷を招きます(間違え方によってはかなりの確率で壊れます)今回は知人が解析し、その結果が正しいかどうか私がリモー…

小口径のウーファーには強力なパワーアンプが必要

入れ替わりの激しい私のシステムにおいて不動の地位を占めているスピーカー Vienna Acoustics Beethoven Baby Grand T-3GB(初期型) Accuphase C-3850とP-4500の組み合わせで使用していましたが、パワーアンプをP-4500からP-7300に変更した結果、更に覚醒し…

DACで使用している中華製の12V 50Wトランス式電源にSiCショットキーバリアダイオード換装

DACに以下のトランス式電源を使用しているます。 この電源、音質も良くとても気に入っております。しかしながら整流用ダイオードは一般品であり、オーディオ的には残念なポイントです。 整流用ダイオード)一般品を使っています。 これをオーディオ的には音…

RME ADI-2 DAC FS ファームウェア更新のおすすめ

RME ADI-2 DACは結構は頻度でファームウェアの更新があります。機能拡張や改善であることが多く、音楽編集の現場で使用していない場合は関係がない場合が多いのですが、DACの動作にかかわるものも含まれる場合があります。ファームウェア更新履歴よりDACの動…

オーディオ用NAS fidataの動向について

あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。 ネットワークオーディオのNASとしてfidata 4周年記念モデル HFAS1-S20を使用しています。ネットワークオーディオとしては音質的に不利と言われているUSB経由でDACと接続してい…

オーディオ専用室の確保

今年就職した長男の使っていた部屋が空きましたので、オーディオ専用室として使用することができるようになりました。 今まで使用していたリビングの15畳に対して、実質6畳しかありませんので課題山積ですが、リビングとは違い、いつでも音楽を聴けるように…

アキュフェーズ パワーアンプ P-7300 導入

「オーディオはこれで完成」といっていましたが、そんなことはなかったです。 P-4500をもう1台追加し、ブリッジ接続とするのか、P-7300と交換するのか悩みましたが、知人の推奨する「フラッグシップ理論」(そのメーカーのフラッグシップを買っておけば上位…

とても良くできている 中華製の12V 50W トランス式電源

RME ADI-2 DAC fsを再調達した時、エルサウンドのトランス式電源はPSE取得中のため、販売されていませんでした。そのため、中華製のトランス式電源を入手しました。 ヤフオクで送料込みで13,000円、海外から直輸入すると10,000円程度と大変安価です。この電…

アキュフェーズ C-3850 / P-4500 導入6か月 オーディオはこれで完成(ということにしておきます)

【2021.12.21 追記】P-7300を導入しました。C-3850の相棒はP-7300(好みによってはA-75)以外ありえません。まったく別のシステムに昇華します。資金面でP-4500を導入しました。なんてヌルいこと言っていてはいけないのです。 2021年6月にアキュフェーズのプリ…

1970年代のスピーカー SONY SS-7110 この設計は!?

1970年代のスピーカー SONY SS-7110。 知人が最近手に入れました。70年代~80年代のロックをアナログ(レコード)で聴くと中坊(中学生)の頃にタイムスリップでき大変良いとのことです。この気持ち、とても良く分かります。アンプも当時のものを整備して使っ…

アコリバ USBケーブル R-AU1-PL 売却しました

現在使用しているUSB-1.0PL-TripleCとの音質差(主に静粛性、奥行き感、拡がり感)は大きく、R-AU1-PLは某オークションサイトで売却しました。R-AU1-PLは同価格帯のなかでは逸品であり、これだけ聴いていれば満足できるのですが、購入できるのであれば最初か…

RME ADI-2 DAC fsのDC電源ケーブルをSAEC AC-3000で作成

RME ADI-2 DAC fsとリニア電源(12V)間のDCケーブルをSAECのAC-3000から取り出した導体で作成しました。ご存知のとおりこのケーブルはPC-Triple C導体を使用しています。 写真上側の赤白ケーブルがAC-3000の導体を使用したDCケーブルで、下側の黒のケーブルが…

dBpoweramp R17.4にリリースアップしました / プチプチ音、バリバリ音の発生について

dBpowerampを使用してCDをリッピングしています。R17.3からR17.4にリリースアップしました。今回は軽微なバグ・フィックスとなりますが、継続してサポートを得るためには、最新版を使用するのが好ましいいです。 絶大な信頼をおいているdBpowerampですが、私…

Acoustic Revive USB-1.0SP-TripleC またもや調達 これ、本当に良いです。

一度手放しましたが、結局再度調達しました。 Acoustic Revive USB-1.0SP-TripleC) 全く懲りないですね。現在、手元に2本ともあります。比較試聴してみます。 USB-1.0SP-TripleC R-AU1-SP 両方ともケーブル導体と構造はまったく同じです。違いは次のとおりで…