アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

無線とピュアオーディオの試行錯誤の記録です。製品の評価は時間と共に変わることもあり、その場合は記事の内容を修正しております。

Acoustic Revive R-AU1-PL1.0を再度召喚 AudioQuest USB2 Carbonと使い分け

Acoustic Revive R-AU1-PL1.0を購入するのは3度目です。まったく何をやっているのでしょうか。ちょと前にAudioQuest USB2 Carbonと交換して気に入って使っていましたが、音楽ソースや気分によって使い分けるのが良いという結論に達しました。

何度もとっかえひっかえしたうえでの私の評価は次のとおりです。

  • AudioQuest USB2 Carbon
    低域と高域に若干アクセントはあるけど基本フラット。リファレンスとなるクオリティー。録音状態の良くないソースもそつなく再生する。しかしながら、ジャズを聴くにはちょっと暗い。つまらない。もちろんこの傾向が好きな方もいらっしゃると思います。

 

  • Acoustic Revive R-AU1-PL1.0
    音に芯が入る感じ。人によっては硬質と感じるかもしれない。余計な付帯音は無いにも関わらず華やかな感じがする。はじけるシンバルワークは最高。超低域まで伸びている感じもする。実に生っぽい。これはジャズ向き。
    これだけ特徴があるとフラットでないのではないかと勘繰るが、音楽のバランスは崩れていない。これは逸品である。難点は録音状態の良くないソースは粗がみえてします。手放す方の気持ちは良く理解できます。
    高額商品の多いAcoustic Revive。これは本当にバーゲン価格です。安すぎます。

 

  • Oyaide d +USB classA rev2
    Acoustic Revive R-AU1-PL1.0に近い傾向(同じではありません)音全体を太くして芯が入っている感じが弱くなる感じ。USBケーブルにコストをかけたくないのであればおすすめです。XLRやRCAケーブルのBelden88760のような感じ。

 

  • 【番外】Acoustic Revive USB-1.0PL-TripleC(売却済)
    手放さなければよかったと後悔しています。高価なので買い戻せません。Acoustic Revive R-AU1-PL1.0にしなやかな感じが加わります。これに3倍近い価格差の価値があるかと問われると正直困りますが、ピュアオーディオとはそのようなところにこだわるものです。

Acoustic Revive R-AU1-PL1.0)

7Q5RU マラウイ共和国 17m FT8で交信

7Q5RU マラウイ共和国の運用が始まりました。マラウイ共和国は160m/80m/17m/12m/10mがバンドニューになります。本日は17m FT8で交信することができました。

昨晩と今朝は5X3R ウガンダ共和国と15mと20mで交信できました。15mがバンドニューになります。

ウガンダ共和国もハイバンドがありません。

Z21RU ジンバブエ 運用終了です

Z21RUの運用が終了となりました。

Z21RU@QRZ.comより抜粋)

ジンバブエは20m/30m/40mは別の局でCFM済ですので、80m~10mまで揃ったことになります。ローバンドのシーズンオフに80mで交信できるとは考えておりませんでしたので思わぬ収穫です。(80mで交信するのに3日間かかりましたが。。。)

調子にのって160mもワッチしてみましたが、その信号を捉えることはできませんでした。JAからの交信実績は残念ながら無いようです。そもそも160mでのアフリカとの交信は難易度が高いです。

160mではJAとの交信実績はありません)

80mでは多くの局が交信できております。[132QSO])

V73MSのおかげでマーシャル諸島のWARCバンド穴埋め完了

マーシャル諸島はV73NSがコンテストによく参加されていらっしゃったため、多くのバンドでCFM済ですが、コンテスト参加ですのでWARCバンドでの交信ができておりませんでした。V73NSはQRZ.comによると、QRTされUSに戻られたようです。

V73MSは連日のように運用されており、ありがたいことに時間ごとにバンドを変えて運用されております。未交信のWARCバンド(30m/17m/12m)と10mで交信でき、マーシャル諸島は80m~10mまで交信することができました。

本日17mで交信することができました)

ローバンドの運用は今のところ確認できていません。ローバンドシーズンは160mでの運用を期待しています。

Z21RU ジンバブエ 160m FT8での運用開始

本日より160m FT8での運用が始まりました。午前4時の状況ですが、EUでは入感しているようですがJAに対しては厳しいです。

UKのKiwiSDR(WebSDR)を使ってFT8をワッチすると、EUからZ21RUをコールするのは良く見えますが、Z21RUは5回に1度くらいしかデコードしません。EUでもこの状況ですので、JAからは設備とコンディションに恵まれないと厳しいと感じました。

当方の160mの新アンテナ(HI-Qピラニア4/80+LW)の状況を確認するため、見えていたロシア局をコールしますが、すぐに見えなくなってしまいました。160mはシーズンオフですのでこんなものなのかもしれません。

共振点はLW部分のワイヤーをたるませぎみにしないと1.840MHzよりも下で同調しないことがわかりました。このままでも良いのですが、トップローディング・コイルの巻き数をもう少し増やすことにしました。(追記:11回巻き数を増やし、下は1.810MHzまで同調するようにしました)

 

160mバンド用のトップローディングコイル)
VU100塩ビパイプ(直径114mm)に直径2mmのPEW/ポリエステル銅線を巻いています。何度もコイルを足しているのであまりきれいではありません。所々エポキシ接着剤で固めています。

スクリュードライバー・アンテナ シャントコイル再調整(再度調整)

【2022.6.27 更新】この設定だと17m~10mのSWRが天候(ベランダの湿度か)によって安定しないことが判明。再度調整し、以下の妥協案(もとの状態に近い)としました。

  • 160m/80m 17回巻(80mはSWR1.7のためチューナー併用)
  • 40m/30m/20m 7回巻
  • 17m/15m/10m/6m 5回巻

17m以上は5回巻の方が安定します。なお、20mは5回巻の方が良い場合もありますので状況により使い分けです。80mの使用頻度は少ないのでこれで妥協です。トグルスイッチを使い手動で160m/80mは切り替えてもいいのかもしれません。

 

コイルのタップを4か所設けるのが最適解であることは分かっているのですが、ケース内に追加でリレーを入れるスペースがないことと、リレー用の電源ケーブルが1本増えてしまうため、タップは3か所とし、80mのSWRが1.7となることを許容していました。

ここ3日間、80m FT8でZ21RUをコールしていると、チューナーを使っているとはいえ、効率面から気になりました。チューナーを通すことによる損失も無視できません。

アンテナもHI-Qピラニア5/80RからHI-Qピラニア4/80に変更となっていますので、タップ位置3か所での最適解(妥協解)を探ってみました。

結果は次のとおりとなりました。各バンドSWRは1.3以内に収まりました。面倒でも試してみて良かったです。

  • 160m 17回巻
  • 80m   10回巻
  • 40m~6m 7回巻

80m/160m以外は7回巻ですので、タップ切り替えの頻度も少なくなります。

シャントコイル部分)調整するたびに見た目が汚くなってしまいます。リレー2個でタップ位置3か所を切り替えます。リレーの電源ケーブル同軸ケーブルのアースを共用することにより、2本で済ませています。大パワーでないので大丈夫でしょう。

6O1OO ソマリア 20m FT8 QSLカード受領

ダイレクト請求していたカードが到着しました。大変な状況で運用されていることが推測できます。今回は少額ながらドネーションをさせていただきました。

これで6O1OO ソマリアは40mと20mがCFMできました。最近30m FT8で運用されているようですので狙ってみたいと考えています。

先方のアンテナは前回交信した時はLittle Tarheel II(スクリュードライバー・アンテナ)でしたが、今回はEnd Feedとなっています。少し大きめのアンテナをあげられるようになったのでしょうか。