アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

SP9FIH/VP9 バミューダ諸島 12m FT8で交信 / 3C3CA 赤道ギニア 30m FT8 厳しい

今朝は6時前から30m FT8で3C3CAをコールしましたが、どんどんパイルアップが大きくなっていきました。これはムリだと悟りました。

途中でST2NH スーダンが見えましたのでそちらに切り替え交信しました。30mはバンドニューになります。

12mと10mがオープンしているので、バンドニューを探します。10mでバンドニューのVP2EIHをコールしますが、リターンがありません。

途中でNP3HBに呼ばれました。10mのプエルトリコはバンドニューです。これはラッキーでした。

1時間くらい小休止し、クラスターを確認すると12m FT8でSP9FIH/VP9がスポットされています。比較的安定して入感しています。30分くらいコールしましたが、なんとか交信できました。これでSP9FIH/VP9とは運用が確認されている4バンド(30m/17m/15m/12m)で交信することができました。

 

SP9FIH/VP9の運用は10/6まで延長されました。

4O6AH モンテネグロ 10m FT8 / TR8CA ガボン共和国 12m FT8で交信

夕方もハイバンドをワッチします。常設局でのバンドニューもなかなか増えなくなってきました。そんな状況でもワッチするとバンドニューが見つかるものです。

モンテネグロ残り17mと12mでHF帯はコンプリートです。

ガボン共和国はTR8CA一択の状況です。おやおや、15mがありませんね。160mはムリだと考えています。

SP9FIH/VP9 バミューダ諸島 15m FT8で交信

コンディションにも恵まれ、長時間安定して入感していました。コールする局も多く、1時間以上コールし、ようやく交信できました。

SP9FIH/VP9の運用もそろそろ終了と思われます。12mでも交信したいところです。明日の午前中がラストチャンスになります。

午前中は収穫が多く楽しめました。

そろそろ160mも気になるところです。早朝のEU狙いなのですが、昨シーズンより常設局ではバンドニューにお目にかかれることは殆どなくなってきましたので、イマイチ早起きするモチベーションがわきません。

SP9FIH/VP9 バミューダ諸島 30m FT8で交信

19時台にSP9FIH/VP9 バミューダ諸島と30m FT8で交信できました。バンドニューになります。

クラスターのおかげで気づけました。

リターンがLA5PBAからですが、終始SP9FIH/VP9でコールし、RR73まで進んでいるので大丈夫でしょう。

 

10月2日までの運用です。残りの15mと12mで交信できるかどうかは、先方の運用タイミングとコンディション次第となります。

Audirvana Origin 視聴 / fidataの圧勝

macで定番の音楽再生ソフト Audirvana。以前、視聴して採用を見送った経緯がありますが、10月1日より値上げとなりますので購入する意味があるか検証いたしました。

以前試聴した時とは違うメールアドレスでアカウント登録すると、再度試聴できます。

本来はmacで本領発揮なのでしょうが、mac保有しておりませんので、windows10 PCにて試聴です。

結論

良い。これだけ聴いていれば。。。しかし、超えられない壁が高すぎる。

 

fidataの圧勝です。10秒で決着です。macを使用し、USBアイソレーターや様々なチューニングをしても超えられないであろう高い壁があります。

 

fidata

音の厚み、響き、ふわっとした軽やかさ、空間の拡がり、S/N感。誰でもわかります。

揺さぶられる魂。オーディオをやっていて良かったと思う瞬間。

 

ハイレゾDSDも良いのですが、CDリッピング(44.1kHz/16bit)で十分。マスタリングの良さ > ファイルフォーマットの構図です。