アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

パナソニック PCLノイズフィルター BL-PST15 / オーディオテクニカ AT-NF1 アマチュア無線用として使えるか評価

これも過去にピュアオーディオ用として使用しましたが、副作用を感じたので長い眠りについていたものです。

パナソニック BL-PST15はネットに情報がありました。特殊ネジで組み立てられていますので分解するともとに戻せそうもありません。個人の方のブログに分解した写真がありました。2つの棒型のコアにエナメル線が7~8回程度密巻されている構造です。カタログに特性が載っております。ローバンドの特性はイマイチですが、HF帯で概ね30dB~40dBの効果があります。これがコモンモードなのかディファレンシャルモードの特性なのか不明なのですが、補助的には使えそうです。既に販売終了品です。わざわざオークションで探してまで導入する商品ではないという評価です。

オーディオテクニカ AT-NF1は特性を示すグラフを見つけることができませんでした。この製品は通常のネジで組み立てられていますので分解してみました。

このコアと巻き数ですと周波数の高い方にしか効果はなさそうです。巻き数を少なくしているのはオーディオ機器の音質の変化度合いを最小限にするという目的もあるのだと推測しています。アマチュア無線用としては効果は殆どないと理解しました。→廃棄しました。売っても二束三文です。

オーディオテクニカAT-NF1)分解してみました。