アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

AudioQuest USB2 Carbon あれ!? 再召喚

先日、再召喚しました。一体、何度買い替えれば気が済むんだい。

AudioQuest USB 2 Carbon )長さは0.75mです。

f:id:kerokerochan:20220417105836j:plain

今まで、いくどもなく、

何度もたびたび、

Acoustic Revive USB-1.0PL-TripleCが良い。

とブログに書いてきました。Acoustic Review USB-1.0PL-TripleCの評価は今も変わりません。とても高性能なケーブルであり、全ての音が見えるようになります。ネットではプロの方の評価が高く「音が良く見えるので、マスタリング作業の時間が短くなる」という評価もありますが、私も激しく同意します。各パートの鳴り方、ボーカルの息遣い、オーディエンスの興奮、ホールトーンなどとても良くわかります。本当に凄いケーブルです。このメーカーの凄いのは、全ての製品を自宅で試聴ができることです。イメージだけで売っている製品もある高級ケーブル市場。とても良心的な売り方です。

しかしながら、アキュフェーズのC-3850とP-7300を導入してから、10年使っているVienna Acoustics Beethoven Baby Grand(T-3GB)が今まで見せたことのないパフォーマンスを見せ始めました。このスピーカーがこのような表現を見せてくれるとは思いませんでした。力強さとしなやかさ、ふわっとした感じ、正確な表現、本当に素晴らしいです。他のスピーカーに目移りしていましたが、そんな気持ちは払拭されました。

ところがです。何だかバランスが良くないのです。出てくるサウンドは素晴らしいのですが、音量を上げることができません。何かが違うのです。

ということで、AudioQuest USB2 Carbonを再召喚です。使用開始から30時間経過し音も落ち着いてきました。とても良いバランスです。音量も上げることができるようになりました。ケーブル選びは本当に難しいです。

箱の裏には既に廃盤となっている「Coffee」が載っています。長期在庫だったようです。現在は「Coffee」の上位バージョンとなる「Diamond」が上位バージョンとなります。今回購入した「Carbon」とは価格差が4倍以上あります。さて、どうしましょうか。

f:id:kerokerochan:20220417111419j:plain

「Diamond」。。。ポチれば明日届くのか。。。 いや、今のケーブルをきちんと評価してからです。AudioQuestのDBSバージョンのXLRケーブル、RCAケーブル、スピーカーケーブルは過去に散々試した結果、現在手元には1つも残っていないことを思い出しました。少なくとも今は購入の判断をすべきではありません。

f:id:kerokerochan:20220417113519p:plain