アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

Acoustic Revive R-AU1-PL (オーディオ用USBケーブル)エージング中

fidata(NAS)とDAC間のUSBケーブルをOyaide d+ USB classA rev.2(0.7m)からAcoustic Revive R-AU1-PL(1m)に変更しました。
USBケーブルは長さが短い方が音質的に有利なため、0.7mが欲しかったのですが、特注品となるため、1mの製品を購入しました。

Acoustic Revive R-AU1-PL/1.0)

f:id:kerokerochan:20210414184503p:plain
これは凄いものを聴いてしまいました。この価格でこの音が得られるのであればバーゲンプライスです。もっと早く試せば良かったです。とにかくすごいです。

良いポイント)

  • 一番の違いはにじみ感がなくなることです。分析的な音になります。しかしながら、音が寂しくなるわけではなく、密度が高くなります。
  • 低音のエッジが凄いです。ゴリゴリとした低音。また良くはずみます。音源によっては恐怖感を感じます。
  • 音が良く伸びます。女性ボーカル最高。
  • ピアノもよくころころがり、サックスは吹き上がります。
  • エッジが強いので、これがいやな方は肌に合わないかもしれません。

気になるポイント)

  • 各楽器のバランスが本来のバランスと違うように聴こえる。新しい音に慣れていないだけかもしれない。
  • 音がちょっと硬いかなぁ。
  • これらのポイントはエージングにより変化する可能性がありますので、今後の要チェックポイントです。

まだ使用時間は10時間位です。単線のため、エージングには時間がかかることが想定されます。本来の音となるのは50時間~100時間は必要と想定しています。楽しみです。強制的にエージングを進めるため、DACの電源を入れたままにして昼夜を問わず音源をかけ続けています。