アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

無線とピュアオーディオの試行錯誤の記録です。製品の評価は時間と共に変わることもあり、その場合は記事の内容を修正しております。

お互いにグレーラインとなる17時~18時のアルゼンチン LU8DPM

この時間帯は日本と南米の双方がグレーラインとなるため、ローバンドでの交信の可能性が高くなります。昨年受信のみできたLU8DPMですが、今シーズンも受信できました。2月6日 17時過ぎにCQが確認できましたので、15分程コールしましたが、殆ど受信できないためあきらめました。

210206_080215 1.840 Rx FT8 -20 0.1 251 CQ LU8DPM GF03

その後、80m FT8に出ていると思われるHH2AAをワッチしますが、ウォーターフォール上信号は確認できるのですが(正確にはpskreporterでの受信周波数とウォーターフォールの信号の周波数が一致していることを確認したのみです)同じ周波数の同一シーケンスで交信を始める局が複数みられ、殆ど受信できませんでした。諦めきれず、17時30分から18時前まで断続的にコールしてみますが、リターンはありませんでした。その後、clublogを確認しますが、交信は成立していませんでした。これで交信が成立していたらかなり強引ですね。

再び、18時から160m FT8に戻ると、LU8DPMが1回だけデコードできました。

210206_090645 1.840 Rx FT8 -18 0.1 252 OOOOOO LU8DPM 73

そろそろグレーラインゾーンから外れますので、これで本日はおしまいです。なお、この時間帯、このバンドはK2FFをコールする局で盛況でした。

f:id:kerokerochan:20210207004225p:plain