アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

160mシーズンの終焉とベランダアンテナでのDXCC

昨日と本日の早朝に160m FT8をワッチしました。EUも入感するのですが、その信号は弱くオープンしている時間も数分程度です。いよいよ160mシーズンも終わりです。これからのシーズン、可能性があるのは近場か夕方から日暮れの南米でしょうか。近場はペディション頼み、南米は80mでしたら可能性はあるのですが、160mでは現状の設備では困難でしょう。

CQ JAを出している局がいたのでコールしました。ロシアとウクライナのみです。先方はそれなりの強さで入感しているのですが、いただくレポートがおしなべて悪いです。交信中のリトライも多いです。片パス状態でしょうか。これではEUが入感してもこちらの電波は届かないでしょう。

f:id:kerokerochan:20200321074953p:plain

全長3mの超短縮アンテナをベランダから振り出して運用しています。このようなアンテナでも160mでWKD:71、CFM:69までできました。80mまではこのアンテナでもCWでDXとできますが、160mは近場を除き殆どがFT8によるものです。まさにFT8は革命的なモードです。160mでも100エンティティ達成ができてしまうのではないでしょうか。

一方、12mと10mは殆ど増えていません。とうとう160mに抜かれてしまいました。こればかりは太陽の黒点数だのみなので如何ともしがたいです。現状はローバンドのベストシーズンであると前向きにとらえることとします。

f:id:kerokerochan:20200321081118p:plain