アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

無線とピュアオーディオの試行錯誤の記録です。製品の評価は時間と共に変わることもあり、その場合は記事の内容を修正しております。

ベランダアンテナでの160mバンド挑戦

現行のスクリュードライバーアンテナにベースローディングコイルを追加して160mに出られるようにしようと考えていました。追加するコイルの仕様を確定するため、電動コイルを最も使った状態にして最低周波数を計測したら、ラッキーなことに1.82MHzでした。なんと現状のままで160mバンドに出られます。全長わずか3mの160mバンド用のアンテナ誕生です。電動コイルを移動させると1.91MHzに同調します。

f:id:kerokerochan:20190114171656p:plain

160mのFT8は免許申請中ですので、CWをワッチしてみます。JA2HJP/2 JCC:18011がS9+20dBで入感しています。早速コールし160mでの初交信となりました。200W入れてもSWRが暴れることはありませんでした。問題なく使用できるようです。こんなアンテナで海外エンティティを増やそうなんて、さすがにずうずうしいとは考えていますが、FT8ではなんとかなるのではないかと期待しています。

160mのFT8は送信は1.908MHz、受信は1.840MHzです。本来は送受信で2本のアンテナを使用するか、受信時はコイルを追加するマッチングボックスを作成するかなのですが、まずは送信時のみマッチングの取れた状態で運用してみることにします。

160mでの初交信)

f:id:kerokerochan:20190114205854p:plain