アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

無線とピュアオーディオの試行錯誤の記録です。製品の評価は時間と共に変わることもあり、その場合は記事の内容を修正しております。

4L5C ジョージア 160m FT8で交信(できているか)

今朝は160mでEUがオープンしていました。先日苦労して交信したマケドニアですが、本日は比較的早いタイミングでリターンがありました。安定した強さで入感していました。Z34KはLoTWでCFMするためにはOQRSが必要です。マケドニアは先日CFM済なのでOQRSはスルーします。

f:id:kerokerochan:20211205103634p:plain

その後、ワッチしますが、なかなかバンドニューに巡り合えません。ワッチを続けると4L5CのCQを発見。ジョージアはバンドニューになります。

コールしていると、しばらくしてQSY 1844を送信してきました。1844KHzに移動するとF/Hのようです。

F/Hではスレッドを2本~3本立てているようで、なかなかデコードしません。

ウォーターフォールになんとなく薄っすらと見えたタイミングでコールしていると、デコードできるタイミングがあり、なんとリターンがありました。

f:id:kerokerochan:20211205104112p:plain

ところがこの後が見えません。3回こちらからコールして送信を止めました。こちらからの送信が先方で受信できていれば交信成立です。とりあえず、交信成立かどうか先方に問い合わせを行っています。はたしてどうでしょうか。

【2021.12.5 追記】この時間の通信ログをご確認いただいた方から「QSOが成立している」とのご連絡をいただきました。2回目のレポート送信の後に先方からRR73が送信されていました。本当に少ないチャンスですので嬉しいです。