アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

アキュフェーズ E-650 プリメインアンプの到達点

【2021.6.16 追記】C-3850とP-4500を導入しました。新たな散財の歴史のスタートです。

【2021.5.22 追記】E-650を使い始めて3年が経過しました。とても気に入っています。しかしながら、その後発売となりましたE-800が大変気になっています。

【2019.11.24 内容一部変更】DACの進化には目覚ましいものがあります。CDプレーヤーへの投資はやめました。良いDACを入手すべきです。

アキュフェーズのプリメインアンプは今まで3台使用しています。私の聴く音楽の70%はジャズであり、残りはポップスや女性ボーカルであったりします。特定の方のファンではないので基本なんでも聴きます。所有するCDは600枚程度ですので、決して多い方ではありません。

今まで所有したアキュフェーズのアンプの使用歴と感想、手放した理由は次のとおりです。

  • E-407

    5年落ちの中古を購入し8年使用。コントラストの高い鮮烈な音質が特徴。女性ボーカルとのマッチングは最高。ジャズとの相性は及第点。中古で購入し8年使用しましたがメンテナンスの必要性は全く感じられませんでした。E-450にAAVA(電子ボリューム)が採用されたため、どうしても欲しくなり、E-450に買い替えました。
  • E-450

    E-407のコントラスの高い鮮烈な音質は消滅。ジャズとの相性は及第点。E-407から買い替えるのではなかったと激しく後悔エージングにより変わることを期待し2年程使用するが傾向は変わらず。そうおいそれと買い替えるわけにはいかずそのまま使用しつづけるが、E-650の登場により買い替えを決意。結局8年程使用。スピーカーケーブルやラインケーブル、電源ケーブル、電源タップに散財したのもこの頃です。ケーブル類は正解を見つけることが困難であり、コスパが悪すぎます。純正品を使用するのが一番であるという結論に達しています。
  • E-650

    平日有休を取得しオーディオ専門店でじっくり試聴して決定。CDプレーヤはアキュフェーズDP-720、スピーカーはB&W 804D3で試聴。B&W 804D3の支配力が大きいと感じましたが、古いジャズであっても音質の粗が浮き彫りになることがなかったため購入を決意
    エージングには半年程かかりましたが、圧倒的な躍動感と鮮烈な音質音楽の無音部分を表現できる静けさ、録音の良くないジャズであっても、音質の粗が浮き彫りになることがないこともあり大変満足しています。A級アンプの場合、発熱を心配される方がいらっしゃいますが、アンプの上面を10cm程度空けられるのであれば問題ありません。CDプレーヤーとアンプ間は純正のバランスケーブルASLC-10を使用しています。
    なお、古いジャズはCDプレーヤーにも投資しないと良く鳴りません。アンプ以上にCDプレーヤーは頻繁に買い替えを行っており、また費用もかけています。

アキュフェーズE-650は良いアンプです。試聴できる環境にいらっしゃる方は是非試聴されてみてください。

アキュフェーズ E-650 プリメインアンプの到達点。セパレートアンプへのスタートライン。

f:id:kerokerochan:20180917165405p:plain