アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

3D2RRR ロツマ島 80m FT8で交信 / 新アンテナ(HI-Q ピラニア 4/80)の許容電力

昨日はCQ連発で途中で呼ぶのを諦めたのですが、本日はすんなりと交信できました。昨日との違いは何だったのでしょうか。

160mでの運用を楽しみにしております。

HI-Q ピラニア 5/80R 焼損後に使用しているHI-Q ピラニア 4/80。コイルの直径が5インチから4インチと小さくなっています。コイル全体の表面積が小さいためか、コイルが熱くなるまでの時間が短くなっています。FT8で1時間コールとかやってしまうと怪しいです。もう予備が手元になく、現状は調達もできないため、焼損させるわけにはいきません。パワーを入れるタイミングを考えながら使っています。(強制空冷できないかなぁ)

もし、焼損させてしまった場合は、分解したことにより構造はわかりましたので、炭化したコイル部分のポリカーボネートのカバーを多めに切除し、その部分をFRP樹脂で再構築すれば再生できると考えています。