アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

TX5N オーストラル諸島 中盤戦

ちょうど中盤に差し掛かりました。

オーストラル諸島は160mと17m以上がバンドニューになります。

昨日の12m FT8、今朝の15m FT8はまだまだ需要が満たせていないためか、順番がまわってきません。今は10m CWが良く聞こえていますがNA指定が入ったりしていますので需要が満たされるであろう後半狙いでもいいのかもしれません。

一方、昨晩の20m FT8、30m CWは簡単に交信できました。このあたりはオープンしている時間も長く需要が満たされてきているのかもしれません。

160mは2日前のJAベストタイム(22時~24時)に運用がありました。リターンが2度あったのですが、RR73が返らず交信に至りませんでした。残念です。

+02dBや+03dBで届いているのにも関わらず当方のRR73が届かないのはQSBが深いためだと考えています。タイミングが合いませんでした。

CQ連発の後で運用が終了してしまいました。実はもう少し早いタイミングからオープンしていたようです。ワッチしておけば交信できた可能性はあったと考えています。

昨晩は待ち構えていましたが160mの運用はありませんでした。このまま160mのJAタイムでの運用が終わってしまわないことを祈っています。