アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

アキュフェーズ パワーアンプ P-7500登場

昨年12月下旬にP-7300を導入した時に、間もなく新型のP-7500が登場する予定という情報は持っておりました。

私の想定よりも早く新型のP-7500が登場しました。見た目でP-7300と区別することは両機を並べて詳細に比較しない限り、オーディオマニア以外は不可能です。これは重要であり、アキュフェーズを使い続けるメリットです。買い替えを行っても家人にバレることはまずありません。(多分。。。)納品時は試聴機の自宅貸出をしたことにして、それを返すといって元の機器を売却すれば良いのです。売却が先の場合は、売却時に修理に出したことにして、納品時には修理から直って帰ってきたことにすればよいのです。

f:id:kerokerochan:20220221175137p:plain

私はプリアンプのC-3850に合わせるべくパワーアンプは同時代に開発されたP-7300という思いでモデル末期のP-7300を導入しました。なお、C-3850とP-7300の組み合わせは過去に試聴しており、いつかは手にしようと温め続けていたものでした。しかしながら、P-7300とP-7500の価格が同じだったら嫌な気分になったかもしれません。

P-7300の135万円(税込)に対して、P-7500は148.5万(税込)ですので、昨今の世情を踏まえると順当な価格の上昇ですね。(実際は10パーセント程度の値引きは期待できます)

とはいっても、C-2900やC-3900との組み合わせは気になりますので、機会があったら試聴してみたいです。