アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

無線とピュアオーディオの試行錯誤の記録です。製品の評価は時間と共に変わることもあり、その場合は記事の内容を修正しております。

アキュフェーズ パワーアンプ P-7300 導入

「オーディオはこれで完成」といっていましたが、そんなことはなかったです。

P-4500をもう1台追加し、ブリッジ接続とするのか、P-7300と交換するのか悩みましたが、知人の推奨する「フラッグシップ理論」(そのメーカーのフラッグシップを買っておけば上位機種が気になることはなく、買い替えも少なく結局は費用も抑えられる)に従いP-7300を購入しました。P-7300はC-3850との組み合わせで試聴したことがあるというのも決断を後押ししてくれました。世間的には同じ価格であるA-75の方が売れていますが、低域をベースとしたゴリゴリ感のあるPシリーズの方が私の好みです。

4年間使用した中古との価格差は約20万円。どうするか悩みましたが、長く使うだろうと考え新品を調達しました。買い替えを拒む重量(48Kg)です。

Accuphase P-7300)重量は48Kg。とにかく重い。タオルを駆使し何とかラックに滑り込ませました。

f:id:kerokerochan:20211225082131j:plain

当初、ボケボケの音で焦りましたが、1時間もすると本領を発揮し始めました。P-4500とはスピード感や音調、音色はいっしょですが、大きな違いは、

  • 分厚い低域をベースとした音の出方
  • スピーカーの外側や内側にも拡がる空間

本来の音になるには最低1か月はかかると考えていますが、とても良い感じであり、今後が楽しみです。

私においては「フラッグシップ理論」が成り立っていますね。今まで幾度もなく買い替えを繰り返しています。最初から無理してでも欲しいものを買っておくべきです。

P-7300は2015年12月発売ですので、そろそろ新商品が出るのかもしれません。私はC-3850と同一時期でありメーカーとしてはその組み合わせで音作りをしているであろうP-7300を購入しましたが、C-3900をお使いの方や新製品が気になられる方は少し待った方が良いのかもしれません。

Dexter Blows Hot And Cool / Dexter Gordon) ゴリゴリ感がたまりません。

f:id:kerokerochan:20211225084031j:plain