アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

J5HKT ギニア・ビサウ LoTW CFM

本日、LoTWでCFMできました。早いです。

40mと80m FT8で交信した時刻は午前5時前後です。ローバンドは早朝勝負です。

f:id:kerokerochan:20211027221102p:plain

17m以上ができていません。後半はコンディションとタイミングに恵まれませんでした。

さて、運用の始まったHD8R ガラパゴス。まずは最も交信するのが簡単と思われる30m FT8。ところが物凄いパイルです。15時頃からコールし続けますが、1時間たってもリターンがありませんでした。いったん離脱し、17時過ぎに戻りコールすると比較的早いタイミングでリターンがありました。

f:id:kerokerochan:20211027233912p:plain

この後、80m FT8に移動すると、タイミングによりご本尊が見えるタイミングがありました。試しにコールするとリターンがありました。これは運がいいです。しかしながら先方のRR73が見えません。オンラインログで確認です。どうやら合格のようです。

ガラパゴスはJAから見ると伝搬的には有利なので、160mや6m以外は交信できる可能性が高いと考えています。

f:id:kerokerochan:20211028000345p:plain

f:id:kerokerochan:20211027221409p:plain