アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

無線とピュアオーディオの試行錯誤の記録です。製品の評価は時間と共に変わることもあり、その場合は記事の内容を修正しております。

Take Ten / 超名曲 Take Fiveを何百回も聴いた方に贈る

超名曲であるTake Five。ジャズを普段聴かれない方でも、その曲は耳にされたことがあると思います。Take FiveはPaul Desmondが作曲した曲です。

Time Out / Dave brubeck) Take Fiveは3トラック目です。

f:id:kerokerochan:20210605150416j:plain

そのPaul DesmondによるTake Ten。 Take Fiveの続編であるとのことです。まったくの初耳です。早速入手して聴きました。

彼のアルト・サックスは柔らかくていいですね。Jim Hallのギターも良く溶け込んでおり、相性ばっちりです。とても気持ちの良いサウンドです。これをイージーリスニングに過ぎないと切り捨てることもできますが、もし、入手して聴き始めたら最後まで聴いてみてください。

良い音楽を聴いているとオーディオいじりなんてしている時間がもったいないです。いつも同じような耳タコ音源でオーディオチェックするような聴き方ばかりではつまらないですよ。

Take Ten / Paul Desmond) 手当たり次第聴いているといいものに出会えたりします。

f:id:kerokerochan:20210605150019j:plain

From The Hot Afternoon / Paul Desmond) さすがにこれを続けて聴くとおなかいっぱいです。

f:id:kerokerochan:20210605153159j:plain

Feeling Blue / Paul Desmond) これなら続投でも大丈夫。癒されます。あれっ。Take Tenで聴いたことがある曲が!? これってベストアルバムですね。まあ、いいっか。

f:id:kerokerochan:20210605153717j:plain

First Place Again Paul Desmond) 名盤。Jim Hallが好きなのかもしれない。

f:id:kerokerochan:20210605155333j:plain