アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

T6AA アフガニスタン 160m FT8 大パイル

今朝は5時過ぎから160m FT8をワッチしました。EUが良く入感しています。既に交信済のエンティティのため食指が動きません。しばらくするとT6AAがCQ JAを出し始めました。結構強力に入感していましたが、ワッチする局も多く、アップの1.908MHzは全く隙間がありません。FT8により160mのDXのハードルが一気に下がったのでしょうか。

バンドの高い位置でコールし始めましたが、競争が激しく一向にピックアップされません。6時頃にはEUをピックアップし始めましたのでJAタイムはここで終わりです。JAで交信できたのはトータルで10局にも満たなかったのではないでしょうか。早期発見したつもりですが、この競争に勝つのは容易ではありません。

その後、40m  FT8に移動するとXT2BRが入感しています。バンドニューになります。しばらくコールすると別の2局がオンフレで私をコールしてきます。困りましたが、この周波数が空いている証拠です。程なくしてXT2BRからのリターンがありましたが、こちらからのRR73に対して73が返ってきません。2回リトライしたところで、先方はCQとなりました。これはダメなパターンです。案の定オンラインログには載っていませんでした。残念です。

f:id:kerokerochan:20191115211538p:plain