アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

VP6R ピトケアン島 80m CWで交信

昨晩22時過ぎに80m CWで交信できました。

40m同様、パイルアップはUP8まで拡がっていましたが、パイルアップの密度は40mよりも薄く、空き周波数も見つかる状況でした。リターンポイント付近の空き周波数でコールすることを繰り返し交信できました。この時はUP1.0でリターンがあった局がおり、UP1.1でコールするとリターンがありました。つどつどXITツマミで送信周波数を変更しますのでそのうち指が痛くなってきます。XITツマミのみ大きいツマミ(ダイヤル)に変更したいです。左手はXITツマミ、右手はマウスでコールサインの送信というスタイルでやっています。反射神経が試されるオペレーションです。

早速clublogにアップロードされていますが、先日交信した30m FT8がありません。私と一緒に交信が成立した局でサーチしてみると、ログインされている局と私と同じくログインされていない局があります。困ったなぁ。やり直しです。

f:id:kerokerochan:20191020072446p:plain