アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

A82Z、ZK3A 途中結果とFT8 F/HモードにおけるFox側のオペレーション

A82Zリベリア共和国は20mと30mで交信できました。オープンする時間やバンドの状況から、この後40mで交信できたら目標達成です。

f:id:kerokerochan:20191004111402p:plain

ZK3A トケラウ諸島は12m以上と160mが残っています。いつも最後に残るのはハイバンドと160mです。

160m CWは10月2日の23時過ぎにCFMできたと思っていましたが、残念ながらNILでした。10月3日も入感していたのですが前日よりもコンディションは良くなく深いQSBのピークでしか先方の信号がわかりません。双方ともロングコールの末に交信が成立している状況です。1時間くらい粘ったのですが10月3日も交信に至りませんでした。毎晩21時から24時くらいにチャレンジします。

f:id:kerokerochan:20191004111606p:plain

ZK3AのFT8 F/Hで何回か参戦して気づいたのですが、ガンガン呼ばれている時のピックアップの順番は以下の規則性があることが分かりました。

  • JA、NA、EU毎にまとめてピックアップしている。
  • エリア番号順+プリフィックス順にピックアップしている。

wsjt-xのFox側のオペレーションをマニュアルで確認するとそこに答えはあります。

f:id:kerokerochan:20191004113905p:plain

f:id:kerokerochan:20191004114052p:plain

ここから分かることは次の2点です。

  • 地域やエリア指定ができる。
  • Age4を超える(シーケンス4回前に受信した)コールはリストから消える。

Fox側がどのタイミングでこのパネルからコールしている局をピックアップするか分からないため、リストから自分のコールサインが消えないようにするためには、コールしつづけるしかありません。お行儀よくやっていてはいけないことがわかりました。