アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

D2UY アンゴラ共和国 20m FT8で交信

D2UYは殆ど見えていなかったのですが、コールしているとリターンがありました。とても弱いです。5分くらいかかりましたが先方にお付き合いいただき、なんとか交信成立です。

他局でこの状態だと苛立つのですが、自分でこの状態となった場合は73までずっと付き合って欲しいという気持ちでいっぱいとなります。勝手なものですね。

途中でコールいただいたLW4EAZはその後リターンを返して交信しました。低い方の周波数は当方には見えていないがD2UYをコールする局で混雑していると考え、2,800Hz付近に移動しリターンを返しました。

17mは何度かチャレンジしていますが、交信に至っておりません。また、早朝に30mや40mの運用があったようです。