アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

T88SS パラオ 160m FT8で交信

スクリュードライバーのエレメントを「キャパシティハットなし」「長さ1m」として80m~10m対応にしていましたが、12mや10mでニューエンティティと交信できることは殆どなかったため、エレメントを延長し、さらにキャパシティハットを取り付け、160m~15m対応に戻しました。12m/10mはアンテナチューナーで対応します。

アンテナの調子を確認するため、20時過ぎから1.840MHz FT8でCQを出していると、国内から声がかかりました。ちゃんと飛んでいるようです。しばらくするとZLとVKが見えましたので、ワッチに専念することにしました。ZLは直ぐに見えなくなりVKが見えていましたのでコールしますが力及ばずでした。バンドニューではないので深追いはやめました。その後、パラオが入感しましたので、コールします。なかなかリターンが無いので、途中、バンドニューのYF5RFUに浮気しますがリターンはありません。もう少し強く入感しないと厳しいです。この局はアクティブなようですので次の機会に期待することにします。再びT88SSをコールしていると、ようやくリターンがありました。160mのパラオはCWで交信済ですのでモードニューになります。

f:id:kerokerochan:20200725213447p:plain