アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

VP8PJ サウス・オークニー諸島 最終戦

【2020.3.5 8:00 追記】グッドニュースです。現地出発が一日延びましたので、3/5も運用があります。さすがに今日も休暇にはできないので残念ながら参戦はできません。

オープンする時間帯が勤務時間と重なるため、週末に結構な時間を使いましたが、見えない、聞こえない、届かないの連続でした。当局にとって交信の可能性があるのは30mと40mのFT8のみです。

最終日は夕方からワッチする時間を作りました。40mは競争が激しいと判断し、30mに注力することにしました。16時から30m FT8をワッチすると断続的にVP8PJの信号が見えます。但し、2本以上スレッドが立つとデコードしなくなります。デコードするタイミングでコールし続けると、なんとリターンがありました。

f:id:kerokerochan:20200304220409p:plain

リターンがあった直後に先方の信号が2本となってしまったため、デコードしなくなってしまいました。当方のR-17が先方に届いていたことを祈るしかありません。

更にワッチを続けると18時台に30m FT8で連続して10分程度デコードするタイミングがありました。ここで交信できれば良かったのですが、残念ながらリターンはありませんでした。

明日以降に予定されているログのアップロードを待つこととします。