アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

リニアアンプ難民 高騰するオークションサイトのIC-PW1

タイトルのとおりです。某オークションサイトでは争奪戦となっており、中古でも、かつての新品の実売価格、新品の場合は更に高い値段で落札されています。個人的にはこの価格はやむを得ないと考えています。つまり、この価格であっても必要であれば手に入れるべきという考えです。だから争奪戦が起きているのですね。

  • 国産で新品購入できるKWリニアアンプは、殆ど出回ることが期待できないアイコム八重洲のデッドストック品か海外製のリニアアンプより見劣りする製品しかない。
  • 海外製品は代理店頼みであり、代理店が廃業するとメンテナンスに難儀することになる(これはピュアオーディオの世界も同じです。但し、アマチュア無線機器よりも市場規模が大きいため、名機と呼ばれるものであれば修理を受け付けてくれる業者は多く存在します)
  • IC-PW2は依然発売されないし、同等規格の海外製品の実勢価格から判断すると、個人的には今後発売される国産リニアアンプは実売価格で70万円越えとなるのではないかと考えている。
  • 現時点で必要であり、そもそもIC-PW2の発売まで待てない。手に入るものを調達するしかない。

海外製リニアアンプの同等製品の例)ATUなしの仕様です。1ドル140円時代には厳しい価格です。