アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

Z21RU ジンバブエ 160m FT8での運用開始

本日より160m FT8での運用が始まりました。午前4時の状況ですが、EUでは入感しているようですがJAに対しては厳しいです。

UKのKiwiSDR(WebSDR)を使ってFT8をワッチすると、EUからZ21RUをコールするのは良く見えますが、Z21RUは5回に1度くらいしかデコードしません。EUでもこの状況ですので、JAからは設備とコンディションに恵まれないと厳しいと感じました。

当方の160mの新アンテナ(HI-Qピラニア4/80+LW)の状況を確認するため、見えていたロシア局をコールしますが、すぐに見えなくなってしまいました。160mはシーズンオフですのでこんなものなのかもしれません。

共振点はLW部分のワイヤーをたるませぎみにしないと1.840MHzよりも下で同調しないことがわかりました。このままでも良いのですが、トップローディング・コイルの巻き数をもう少し増やすことにしました。(追記:11回巻き数を増やし、下は1.810MHzまで同調するようにしました)

 

160mバンド用のトップローディングコイル)
VU100塩ビパイプ(直径114mm)に直径2mmのPEW/ポリエステル銅線を巻いています。何度もコイルを足しているのであまりきれいではありません。所々エポキシ接着剤で固めています。