アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

無線とピュアオーディオの試行錯誤の記録です。製品の評価は時間と共に変わることもあり、その場合は記事の内容を修正しております。

機器の重ね置きの影響と短いUSBケーブル 準備編

プリメインからセパレートに更改したことにより、ラック内のスペースが足りなくなってしまいました。仕方がないので、DAC(DC-37)とNAS(fidata)の間にフェルトを挟み、オーディオマニア的、および私的にも許しがたいのですが、重ねおきをしています。

f:id:kerokerochan:20210620173306j:plain

この状態で6日程聴いていますが、とりわけ影響があるような気はしないんですよね。マニア失格ですね。そのうち改善します。

せっかくですので、DACNAS間のUSBケーブルを短くすることによる効果を検証します。現在は、Acoustic Revive USB-1.0PL-TripleC (長さ1m)を使用しています。

これをなるべくクセがなさそうで、短いものと交換してみます。AIMのUA1 50cmが候補となりますが、ネットを検索すると、エントリーモデルであるUAC 20cmが、雑誌の特別付録となっていたことがわかりました。これを入手します。10年前の雑誌の付録ですね。

f:id:kerokerochan:20210620172506p:plain
10年の歳月で仕様が変わっている可能性を懸念しましたが、上記の記事の後半部分の記載にある導体やシールド、コネクターの構造は現行製品と一緒のようですので、大幅な変更はなさそうです。

f:id:kerokerochan:20210620171631p:plain

UA1とUACの違いを確認してみました。UA1とUACの導体は同じ、違いはUA1は「パルシャット」でノイズ制御をしているようです。

f:id:kerokerochan:20210620171759p:plain

これはマニア的には気になるところですが、ケーブルの長さが短いと「パルシャット」の有無は顕著ではないかもしれません。(と、思うことにします)

早速ヤフオクで検索すると、未使用品が出品されているではないですか。即決かつ信じられない位安いです。早速落札しました。

すぐに発送いただけましたので、あすもしくはあさってには届くと思われます。

Acoustic Revive USB-1.0PL-TripleCとの価格差は30数倍以上あります。愉しみです。

厳密に比較するためには、同じ仕様のケーブル同士で比較しないといけないのですが、今回調達したUAC 20cmの音質がAcoustic Revive USB-1.0PL-TripleC 1mよりも好みであったら、これを正としたいと思います。でも、そうなってしまうと、AIM UA1やUA3の最も短い50cm版はどうなのか、Acoustic Revive USB-1.0PL-TripleCの20cm版を特注して使ってみた場合はどうなのか。といった違う煩悩が湧いてきそうです。

なんらかの評価をして、それ以上深追いしないようにしたいです。