アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

Accuphase プリアンプ C-3850 まもなく納品予定

2021年はAccuphase創立50周年の年になります。それに向けて多くの新製品が発表となっています。Accuphaseのプリアンプのフラッグシップ機であるC-3900はちょうど1年程前に発表となりました。評判もよく、売り上げに貢献しているようです。本当はC-3900を購入したいところですが、プリアンプに200万円はかなりきびしいです。そのため、買い替え需要の下取りとして多く流通し始めた2015年発表のC-3850を購入しました。本日納品予定です。アキュフェーズの中古は割高だと考えている私が決断できた価格です。価格交渉した結果はオープンにしないのがマナーです。C-3850は数年前にA-70とB&W803D3との組み合わせで聴いたことがあり、極めて良い印象を持っています。

メインアンプは以前C-2450との組み合わせで試聴した時、スピード感や勢い、空間表現で良い印象を持っているP-4500から始めてみようかと考えています。(ひとまずは現有のプリメインアンプE-650のメインアンプ部分を使用することになります)

評判の良いプリメインアンプのフラッグシップ機E-800も検討していましたが、これを購入してしまうと私の中でオーディオ趣味が終焉を迎えてしまいそうな気がしましたので、次のステップとしてセパレートにすることにしました。

ラックのポールの組み換えが必要となりますので、本日中に音出しまでできそうもありません。ゆっくりと愉しむこととします。

Accuphase C-3850) 

f:id:kerokerochan:20210615000319p:plain