アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

無線とピュアオーディオの試行錯誤の記録です。製品の評価は時間と共に変わることもあり、その場合は記事の内容を修正しております。

マイルス・デイヴィスの良さをアキュフェーズDC-37(DAC)で描ききる

とても気に入って電源を奢ったりして2年程使ったRME ADI-2 DAC。今年3月に導入したアキュフェーズ DC-37とは結構音質傾向が違っており、RME ADI-2 DACの音質傾向が懐かしくなることもあります。

RME ADI-2 DACの良さ

  • ビビットでメリハリのあるサウンド
  • 全ての音を描き出そうとする前のめりなところ。
  • スピード感が合っているように聴こえる。

アキュフェーズ DC-37の良さ

  • とにかく滑らかである。
  • 強い音はより強く、弱い音は弱いまま表現。
  • 輪郭をきちっと描いているため、弱い音が消えてしまうことはない。結果的に奥行き表現が素晴らしい。
  • 無音部分に無音が含まれるようなサウンドの描き方。

RME ADI-2 DACの音はフレッシュであり元気がでます。音のメリハリやスピード感はXLRケーブルをストレートな音がでるものに変更することによりDC-37でも出すことができたため、RME ADI-2 DACは売却しています。XLRケーブルは暫定でBelden88760を使っています。もっと良いものもあるかもしれません。(Belden 88760 侮れません)

演奏者の内面をより表現できるのはアキュフェーズ DC-37であるといえます。

マイルスの作品の深みと良さをより感じることができます。いつまでも聴いていられます。作品に引き込まれますので、ながら聴きができなくなってしまいます。

Steamin' With The Miles Davis Quintetf:id:kerokerochan:20210612104309j:plain

Someday My Prince Will Come) 

f:id:kerokerochan:20210612104459j:plain

Miles in Berlin)

f:id:kerokerochan:20210612104726j:plain