アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

TT8SN チャド共和国 160m FT8 期待高まる

ちょうど1年程前になりますが、160m FT8でTT8SNを受信できました。しかしながら、1840/1908のスプリット運用時代であったため、コールすらできませんでした。

最近、160mのコンディションは良くないのですが、久しぶりにワッチしました。相変わらずコンディションは良くないです。しかしながら、TT8SNをコールされていらっしゃるJAが多く見られます。しばらくワッチすると、まれにTT8SNが受信できます。しかしながら、受信できたのは5時53分~6時までで3回のみであり、信号強度も-22dB~18dBと弱く、とてもコールできる状態ではありませんでした。QRZ.comによると先方はリニアアンプなしのベアフット運用(50W~100W)とのことです。安定して受信できれば交信のチャンスはあるかもしれません。

WSJT-XのALL.TXTより抜粋)赤文字部分が信号強度です。

210129_205330 1.840 Rx FT8 -22 0.2 1986 EA8AKN TT8SN R-17
210129_205600 1.840 Rx FT8 -19 0.2 1987 LA4GHA TT8SN R-18
210129_210030 1.840 Rx FT8 -18 0.2 1987 OH1NPW TT8SN R-05

160mのシーズンも残り少なくなりましたが、もう少し上乗せしたいところです。でも、朝は寒いですね。

チャド共和国の国旗はルーマニアの国旗と大変良く似ています。青色部分の色が濃いのがチャド共和国です。

f:id:kerokerochan:20210130121709p:plain