アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

fidata HFAS1-S20 オーディオ用NASセットアップ開始

昨晩到着しました。製品は二重箱で厳重に梱包されており、筐体はマイクロファーバーの布で包まれていました。アキュフェーズ製品のような梱包です。

筐体の質感は非常に高く満足しています。この質感を「無駄なもの(コスト高)」と考えるのか、「所有欲を満たすもの(ひょっとしたら音にも良い方向で影響するかも)」と考えるかは個人の価値観になります。アキュフェーズの高価格帯のプリアンプやCDプレーヤーに採用されている木製のカバーは交換すると20万円弱かかると聞いたことがあります。でも、「木製のカバーを止めて価格を下げて欲しい」なんていう方はそもそも、これらの機器を購入しないと考えています。

HFAS1-S20は40台限定で製品番号がアサインされています。4番や13番だと嫌でしたが、20番台でしたのでよかったです。19台/21台の2ロットで出荷されているので、2ロット目ですね。販売店の方が個人的に確保していたものか、キャンセル品だと思われます。ヤフオクにも1台新品が出品されています。当初これを狙っていましたが、先日、Amazonのマーケットプレースで過去に利用し、対応の良かった某販売店が出品しているのを見つけましたので、そちらを購入しました。

早速ラック内に仮置きし、USBディスク(中身はSSD)からfidataへのファイルのコピーを実施しました。想定以上に時間がかかり1時間に50GB程度しかコピーできません。そのまま放置し、今朝確認するとコピーが完了していました。早速聴きたいのですが、残念ながら出勤時間です。本日帰宅してから聴いてみることにします。容量も2TBとなりましたので、ハイレゾを大量に入れない限り、枯渇することはないと考えています。

とりあえず仮置きしました。写真うつりが良くないです。。。)

f:id:kerokerochan:20200911100908j:plain