アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

160m用 1:4 UN-UN バラン作成

【2020.9.23 更新】現在は給電部のシャントコイルのタップをリレーで切り替えマッチングを取っていますので、1:4 UN-UNは使用しておりません。横着せずに正攻法で対応した方が良いです。

160mの超短縮アンテナのインピーダンスは200オーム以上となり、アンテナチューナでのチューニングがシビアとなります。状況を改善するため1:4のバランを作成しました。

トロイダルコアは手元にあったFT-240-43を2段重ねで使用しました。アンテナ直下に入れるのが良いのでしょうが、160m以外ではリレーを使って切り離す必要があります。ベランダまでの距離も短いので160mバンドに対しては無視できると都合の良い解釈をし、手元のスイッチで切り替えることにしました。ケースも含め全て手持ちの部品で作成できました。超手抜き製作でバランは強力両面テープでケースに固定しています。

f:id:kerokerochan:20200119001126j:plain

パワー計のセンサー部分、LPF、CMFを設置するため机の下に棚を設けていますので、その空きスペースに設置しました。挿入箇所はアンテナチューナーとアンテナの間とします。

f:id:kerokerochan:20200119143925j:plain

では早速使ってみます。160mでのSWRは1.6程度となりました。これでアンテナチューナーでのチューニングも楽になりました。SWRは2以下であれば同軸ケーブルも短いこともありアンテナチューナーでSWRを下げてしまえばまったく問題なく使用できます。全バンド1本のアンテナで運用していますので最適解はありません。それくらいの気持ちでやっています。

f:id:kerokerochan:20200119001407j:plain