アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

東京ハイパワー HL-2400 リニアアンプ Eimac 8873/8874/8875 三兄弟

今から30年以上前でしょうか。あまりにも綺麗なデザインであり心を奪われました。Eimac 8875 x 2で1KW PEPですが、プレート損失は300W x 2、クーリングファンはブックファンですので、600W程度の使用に抑えた方が良さそうです。

HL-2400は、まれにヤフオクで見かけます。Eimac 8875は極めて入手が困難ですので、もし当アンプを入手される場合は付属している球の状態を見極めた方が良いです。

f:id:kerokerochan:20181226165158p:plain

f:id:kerokerochan:20181226165403p:plain

Eimac 8873/8874/8875 三兄弟

f:id:kerokerochan:20181226165520p:plain

Eimac 8873/8874/8875はクーリング方式により、放熱フィン部分の形状が異なります。Eimac 8873は写真左側の平たい部分に専用の酸化ベリリウム(絶縁物)を挟んで、ヒートシンクに熱を逃がして使用します。これにより自然空冷で使用できます。当時いくつかのメーカーのリニアアンプで採用されていました。この球も今日では入手困難ですので、もしそのようなリニアアンプを入手される場合も球の状態は見極めた方が良いです。

ヘンリー 2K Ultra Eimac 8873 x 2

f:id:kerokerochan:20181226234338p:plain

酸化ベリリウムを介してヒートシンクに熱を逃がしています。

f:id:kerokerochan:20181226234445p:plain

なんと自然空冷です。

f:id:kerokerochan:20181226234619p:plain