アマチュア無線 JN1NBU

無線とピュアオーディオ JN1NBU

ピュアオーディオに関しては幾度となく買い替えを繰り返してきました。好きな音の傾向がつかめた段階で可能な限り予算をつぎ込むのが限られた人生の時間を有効に愉しむ秘訣です。という結論に到達するのに20数年かかりました。アマチュア無線はロケーションしだいです。現状はいかんともしがたいので、ほどほどの設備で愉しめる範囲でやっています。ちょっとした成果を喜ぶ気持ちを大切にしたいものです。

ハムフェア 2018 初日

8月25日(土) 午後から行きました。自宅からビッグサイトまでは4.8Kmですので、自転車での参戦です。ビッグサイト1Fに自転車&バイク置き場があり、ここに置くのが便利です。

新製品)

  • FTDX101D(100W)/FTDX101MP(200W)
    2バンド同時受信+バンドスコープ。200W機の発表はされていましたが、実機は展示されていませんでした。FXDX3000とFTDX5000の中間に位置する価格帯と思われます。両機器を統合した後継機種という位置づけかもしれません。今後、FTDX9000の後継機が出るのであればネーミングはFTDX901MPとなるのでしょうか。
  • TS-890
    2バンド同時受信ではありません。コンテスターでもない限り2バンド同時受信が必要となる状況は少ないため、このスペックでも良いのですが、それなりの価格となると思われるので、スペック重視の方には訴求力が足りないと思われます。なお、本体の仕上がりは高級感あふれ大変きれいです。整理券が必要だったので操作はできませんでしたが、操作性もよさそうでした。パソコンを中心とした環境を構築するのであれば、TS-590G+SDRplayの組み合わせで良いと思ってしまったのは不謹慎でしょうか。

各販売店、ブース)

  • IC-7600M展示品が格安で販売されていました。14時時点で2台ありました。欲しい方はいかがでしょうか。
  • TS-480HX(200W)新品が格安で販売されていました。
  • 廃業されたサガミエンジニアリングのLPFがプレミア価格で販売されていました。驚きです。価格は需要と供給で決まりますので、この値付けを否定するわけではありません。
  • 古い機器は開局当時を思い出し大変懐かしい気分になります。
  • CQ出版社のブースは書籍の中身を確認してから購入できますのでお薦めです。
  • 戦利品はありませんでした。

 本日行くかどうかは未定です。

f:id:kerokerochan:20180826090625p:plain

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村